« ベビーピンク&ベビーブルー | トップページ | 所沢ミューズ・手作り雑貨マーケット用 »

トールペイントを描く4つの楽しみ

 自分の中で、目指すトールペイント・・・というのが少しずつ少しずつ見え隠れしています。
ほとんど暗中模索ではあるのだけれど、なんとなくぼんやり・・・・。

世の中不況とやらで、人は生活するのが一番で、クラフトにお金をかけることができない・・・・。
無駄なものは買わない。だから、トールペイントを習いに来る人もなかなかいないよね・・・・。
みんなチョイ食いでクラフトをやりたいんだよ。じっくりやりたい人はあんまりいないね・・・。
そんな会話をよく講師仲間でしたりする・・・。
そして溜息・・・・・・。

私もず~~~~っと考えていました。
自分の中にある矛盾と立ち止まって振り向くこの思いはなんだろう・・・?
そして思ったのです。
もともとアメリカ開拓時代に、貧困の中で生活を彩りたくて、自宅のドアや家具に絵をかいたのがトールペイントのはじまり・・・・。
だとしたら、トールペイントこそ今の時代にみんなが楽しめるクラフトなんじゃ~~ないの~~?
でも今のトールペイントって、ちょっと違う。
お金もかかる。道具も揃えなきゃいけない。習うためには好みでないカリキュラムもやらなければならない。
もちろん、基本を会得するためにどんなにカリキュラムが大切か・・ってことはよ~~~くわかってるし、それはまた別の次元でとても大切なもの。


「描く喜びを伝えたい」そう思って講師になったけれど、最近はそれだけじゃない;・・・と気づきはじめました。

・描く喜び
・完成する喜び

それに加えて、

・作品を使う(飾る)喜び
・そしてその作品に愛着をもって大切にする喜び


私自身の矛盾はたぶん後ろの2つが最近得られないからだと思う。
描くのは楽しい。でもそのあとはおくら入りの作品がたくさんある。
ものが増える。
作品をいとおしく思い使うたびに嬉しくなるような喜びとは程遠い・・・・。
それでも、これは・・・・という作品もある。最近雑誌に載った作品はほしいものを描いたので、すぐに使ったり飾ったりしてるし、使うたびに売れしくなる。

まだまだ答えはでないので、ダラダラ気持ち書いているだけだけど、技術を深く学ぶカリキュラム。
それとまったく別の次元で、お金もかけず、手持ちの空き缶やエプロンやそういうものにちょっと絵を入れたり、1つの作品を学べば細かくこんなアレンジできて広げられます・・・・・みたいな・・・。

まだまだ思いつくままにだらだらかいているだけだけど・・・。
いつかこの4つの喜びを伝えられるシステムを自分の教室で作りたい。
生活に寄り添うような、トールペイントを目指したい。

まだまだ霧の中・・・・。


|

« ベビーピンク&ベビーブルー | トップページ | 所沢ミューズ・手作り雑貨マーケット用 »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベビーピンク&ベビーブルー | トップページ | 所沢ミューズ・手作り雑貨マーケット用 »