« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

トールペイント教室は仕事納めです

 今年も無事、トールペイント教室は、地元教室も吉祥寺教室も終了しました。
今年は、いっぱい反省があって、春先~夏へ息子の野球のフォローに追われ、教室の準備がおろそかになってしまいました。
生徒さんたちには、ご迷惑をかけてしまうことが多く、本当に申し訳ありませんでした。
夏以降、しばらく空の巣症候群で、ぼ~~~~・・・。
秋以降もうっかり、てっきり、が多く、結局これは私の性格に起因すると自覚・・・。
反省。。。反省。
こんな私なのに、生徒の皆さんに助けられてどうにか1年終了しました。
来年は、もう少しきめ細かく、教室を充実させていきたいと思っています。
新しい作品もどんどんご紹介していきたいし、やりたいことがいっぱい。

年明け早々、トールペイントのお仕事が色々あって結構忙しいです。
3月発売の新季刊誌に載せる作品制作・・・(もしかしたらあるもので出しちゃうかも・・・)
2月の上大岡のトールペイントフェアへの販売作品制作・・・。
しょっぱなから飛ばしてまいります。
がんばるぞ~~~。
まだ今年は1週間ありますが、とりあえずごあいさつ・・・・。
明日からはしばらく「嫁」になりまぁ~~~す。
明日は事務所の仕事納め。
事務員さんたちへお昼の炊き出し。
事務所の大掃除。
仕事がまだ終わってないので、午前中はお仕事。

おうちの大掃除。
年賀状書き。事務所200枚、自宅200枚、ジジババ50枚・・すべて私の仕事。
いつも31日に投かんになってしまいます。(^_^;)
フルパワーで頑張ります。

| | コメント (0)

健康は大事

 ちょうど1週間前、1Fに住んでいる主人の父が急に足腰がたたなくなった。
まったく力がはいらず、小柄な父なのにとにかく動かすのが大変。
お風呂、トイレ、ベッドへの移動。ほんの少し手伝っただけなのに、1週間たった今も体が筋肉痛だし、ひじの関節とか痛い。
土曜日、かかりつけの医者に「脳梗塞ではないか・・」と言われCTスキャンをとったけど異常なし。
全然力が入らないのに、突然立ち上がれたり、数歩歩けたりもする・・・。
いったい何が原因なんやら・・・。
精神的なものじゃないか・?
家に戻るとまた動けなくなるので、甘えてるんだよ・・なんて旦那はいう。

ところが、月曜日、ヴォーグ学園教室でトールペイントを書いていると旦那から、「救急車で運ばれて緊急入院した」とメールがきた。

なんと血糖値が990。
かかりつけの医者の血糖値の計測は300までしかできず振り切ったそうで、そのまま昏睡状態になって救急車を呼んだそうだ。
病院でも計測は600まで。それも振り切って、結局測れた数値が990.
お医者さんもありえない数字だという。

インシュリンを大量に投与してどうにか一命と取り留めて、意識ももどった。
まだICUに入っているし、極度の脱水状態。血糖値も300程度にさがったけれど、まだまだすごい糖尿病患者の数字。
体のどこかに、病気があってそれが原因で血糖値がこんなに上がった。と説明された。
これからどこに原因があるか調べるのだけれど、今は脱水状態がひどくて調べられない。
後遺症として、脳か、足腰が不自由になるか、どこにでるかわからないとも言われた。
それなのに、ソーシャルワーカーという人が明日、退院後の生活について話があるとかで病院に呼ばれている。

まだICUに入っているのに、入院は1か月までです・・・と先生に言われた。
その後は自宅で面倒みるか、別の病院を探すか・・・。
話にはきいていたし、CMも見ていたけれど、日本の医療ってなんてひどいんだろう。

これって長生きするな。。って感じがする。
これから先がいったいどうなるのか皆目見当がつかない。

うちは一人っ子だし、自分たちの将来を考えるとやっぱり麻生さんの言葉じゃないけれど、健康でいなければいけないんだ・・・と思った。
そしてできたらぽっくり迷惑をかけず惜しまれてこの世をさるしかない・・・。

私は主人の父にはいい思い出があまりない。
結構振り回されたし、本当にここでかけない思いがいっぱいある。
でも、今後もまったく見えない中で、ベッドに横たわり寝てるのをみたり、看護婦さんに悪態ついてたりするのをみると、人間の老いについてつくづく考えさせられたし、かわいそうになった。
今から自分が息子のためにできること・・・。
それって何だろう??
健康であること。
そこそこのお金を持っていること。
この2つにつきるきがした。
自分で自分のことをどうにかできる環境におかなくては・・・。

一生懸命働いてきた人が、終末になって、「長生きしたくない」って思ってしまう、日本って本当に先進国なんだろうか?
なんか日本って国は大事なものを忘れたまま、違う方向に成長してきたような気がする。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »